今月の生活費が足りない…

どうしても今月は生活費が足りない月があるでしょう。

たとえば友人の結婚式が重なってしまった月や、友人の出産祝いが重なった月です。そのような時にはどうすればよいのでしょうか。まず思いあたる節が親から借りるという選択肢でしょう。

しかし親に生活費がないから貸してくれとはなかなか言い出せないもの。そこで次の選択肢として友人に借りるという選択肢があると思います。友人に借りることは親に言うよりも気楽にできるかもしれませんが、友人からお金を借りるということで金がない人だというレッテルを張られかねません。

また友人からお金を借りることは、友情を崩壊させてしまうリスクがあり危ないです。そこでオススメなのが消費者金融を使うことです。消費者金融を使うことのメリットとして必要になったらすぐにお金を借りることができます。

業者にもよりますが、早いところや大手のところだと申し込みをしてからその日のうちに審査が終わるので借りたくなったら即日融資が可能になります。またお金を借りたくなった時に主婦でもお金を借りることができるのでしょうか。

消費者金融でお金を借りることが出来る資格は、安定した収入があることに加えて20歳から69歳までの人です。

そのため主婦や学生でもお金を借りることが可能になっています。

生活費が足りない時に一時的に消費者金融を利用することによってピンチから脱出できます。そのため主婦でも条件を満たしていれば大丈夫だといえるでしょう。

『生活費で困ったら消費者金融』